中村様・稲村様 ご両家挙式&披露宴レポート

日時:2008年12月13日
挙式:宇倍神社
披露宴:観水庭こぜにや

 

会場を決めた理由は何ですか

挙式、披露宴とも「和」の雰囲気で統一させたいと考えていたため自然に神社挙式を選ぶ形となりました。同じ式を挙げるなら「式場」でなくやはり由緒正しい神社で…と思い、中でも因幡一宮としての歴史のある宇倍神社を選びました。披露宴会場のこぜにやさんは和のイメージはさることながら、料理やサービスの面で全く不安要素がなく、全面的に信頼できるところだったため迷わず決めさせていただきました。

 

挙式の感想をお聞かせ下さい

神社独特の古式ゆかしい雰囲気の中で、身がひきしまるような気持ちを感じる30分間でした。儀式の流れを間違えないようにと緊張もしましたが「誓詞」の内容をかみしめながら聞いていると、思わずグッときてしまい…。
「夫婦」になるということを実感する瞬間を味わったりと、とても感慨深いひとときでした。

 

披露宴の感想をお聞かせ下さい

親族と友人あわせて30名程度の小規模な披露宴だったこともあり、イメージどおりの落ち着いた和やかな席となり満足しています。
何より会場のお花やテーブルセンターなど細かいところにまで和のセンスを取り入れてくださり、私たちの想像を上回るコーディネートに仕上げていただけたことに大満足しています。
内容をつめこまない披露宴にしたかったので間がもつか不安でしたが、司会者の方が本当に上手に時間をつないでくださったので終始良い雰囲気となったように思います。

uid000004_20090214204415cd942722

 

結婚式をするにあたってこだわった点や心に残っていることはなんですか?

来て下さる方に喜んでいただける場づくりをしたいという思いが第一でした。二人ともそれなりの年齢になっているので、とにかく準備不足でして失礼となることが起こらないようにと心がけて準備をすすめてきたように思います。
式や披露宴の準備を進める中で、お互いに相手のことをより深く知るきっかけもあったり…。
最近はこうした「儀式」にとらわれない風潮もありますが、そういう面でやはり「形って大事だなぁ~」と実感しています。

 

ゲストの皆様からの評判はいかがでしたか?

当日は12月とは思えないほどの好天に恵まれたこともあり、式、披露宴とも大変喜んでいただけるものとなりました。
披露宴の料理も大好評で、皆さんに美味しく食べていただけたようです。
また、テーブルのお花はそのまま持ち帰っていただける形に仕上げてくださったことも、とても評判がよく、それぞれのお家のお正月にもいろどりを添えてくれることとなりました。
料理やおしゃべりを楽しむことができる場となったようで、「いい披露宴だった」と皆さんが言ってくださりありがたかったです。

uid000004_20090214204548b33d3022

 

プルメリアに決めた理由と良かった点、その他ご感想をお聞かせ下さい。

親族が結婚した際にお世話になっており、その親族の紹介があったことがきっかけです。
いつおじゃましても、アットホームな雰囲気であたたかく迎えてくださるので些細なことでも伺いやすく本当にありがたかったです。
準備期間も3ヶ月足らずの短い期間で、招待状作成から結納、会場コーディネート、衣裳などすべてのことにおいてお世話になりましたが全部大満足です!

本当にありがとうございました。

uid000004_20090214220750ccb97b49

 

スタッフの声

ご結婚おめでとうございます。とても落ち着いた雰囲気のお二人。お二人はいつもコツコツと着実に準備をすすめられたのでスムーズに当日を迎えられましたね。私たちスタッフも安心してお手伝いをさせていただくことができました。

当日は12月にしては珍しいくらいの暖かい晴天に恵まれ、まるでお二人の人柄が現われているようでした。長持唄のなか、こぜにやさんから寿タクシーで宇倍神社さんへ向かわれるご様子を拝見し、とても感動しました。
披露宴では新婦様がお琴演奏をされました。和装で奏でるお琴の音色は和の会場にピッタリ。新婦様のお琴の音色に新郎様もゲストの皆様も気持ちが和らいだことと思います。
和装がとってもお似合いの新婦様。特に黒の引き振り袖は鶴の刺繍が上品で新婦様の雰囲気にとても合っていました。また、ご家族やご友人など沢山の方がお着物を着ておられ、品があり華やかでした。
お忙しいにもかかわらず、結婚式の翌日お二人揃ってご来店くださり、とっても良い結婚式になったとおっしゃっていただいたので私達スタッフも大変嬉しく思いました。

お二人のお心遣いや丁寧な応対に私達スタッフも見習うところも多く、とても良いご縁が持てたことに感謝したいです。